マレーシアで使われている言語について解説 英語・中国語・マレー語

マレーシア

マレーシアは中華系マレー人、インド系マレー人、マレー系マレー人からなる多民族国家であり、それにともない言語も様々です。

マレーシアの公用語はマレー語で、準公用語として英語と中国語があります。

今回はこれらの三つの言語がマレーシアでどれくらいの割合で使われているのか、また主にどの民族の方たちに使われているのかなどを解説していきます。

スポンサーリンク

マレー語

マレー語は公用語ということもありほとんどの人が話すことができます。

しかし一部の人は話せなかったり、あまり流暢でもない方もいます。特に中華系マレー人とインド系マレー人の方たちはマレー語よりも英語、中国語が第一言語の人が多いです。

ではマレー語が話せないとマレーシアにいくのは厳しいかと聞かれるとそういうわけでもありません。

ほとんどのマレーシア人が英語を話せますし、街なかの表記も政府がマレー語を促進してきてはいるもののまだまだ英語表記が多いのでマレー語が話せないからと言ってマレーシアで困ることはそうそうありません。

もしマレー語しか話せないという方に出会ったらなんとかグーグル翻訳などを使うかをしてマレー語で会話をしてみてください。

英語

英語は準公用語ですが多くのマレーシア人によって使われている言語です。僕のように英語目的で留学してくる人もいるくらいなので、英語が話せるのならマレーシアで困ることはほぼないでしょう。

ですが一つ問題点をあげるとすると、マレーシアの英語はアメリカなどで使われる英語ようにネイティブではありません。発音も少し癖があったりします。

なのでもしあなたがネイティブな英語を勉強したいというのであればマレーシアは残念ながらあまりお勧めできる国ではありません。

しかしネイティブな英語にこだわらないという人であればマレーシアはとても過ごしやすい国です。

中国語

準公用語の中国語は主に中華系マレー人によって使われています。というか中華系マレーの大多数は第一言語が中国語です。

気を付ける点は日本人はたまに中国人または中華系マレー人と間違えられるので、もし中国語で話しかけられたらきっぱりと「中国語は喋れない。」と相手に伝えましょう。そしたら相手は即座に別言語、主に英語に切り替えてくれます。


マレーシアはアジアの中では言語レベル3位という高い順位を持っています。

様々な言語、様々な民族と触れ合えるのがマレーシアの最大の魅力と言えるでしょう。

マレーシア
スポンサーリンク
シェアする
pronekoをフォローする
プロ猫のマレーシア生活

コメント