CTime 公式インフルエンサーに対し本格的に収益化へ

CTime

本日、2019/03/27にCTime運営からCTimeでの本格的な収益化を4月から始動するという発表がありました。

実は今までも”収益化”ではないのですが利益として公式インフルエンサーになると毎月運営からプレゼントがもらえたりしました。

ですが今回の収益化の内容はなんと

一ヶ月のCTimeダウンロード数に応じて金券がもらえる

というものになっています。細かいダウンロード数や金額などは

  • 一ヶ月のうちにで200ダウンロードで金券1万円
  • 一ヶ月のうちに600ダウンロードで金券3万円
  • 一ヶ月のうちにで800ダウンロードで金券4万円(2019年5月より)

※CTimeの運営さんが条件は月によって替わるおっしゃられてましたが、基本的にダウンロード数に応じて金券がもらえるというシステムだそうです

注意事項としてこれらは公式インフルエンサー限定での収益化ですので一般ユーザーの方はこれらの収益を受け取ることができません。

CTimeでは人気を集めて周りに認められていくと公式インフルエンサーなることができます。人数もまだ多くないので始めるなら今がチャンスです!

スポンサーリンク

実は珍しいSNS単体での収益化

実は今回のように運営から直々に収益をもらえるSNSというのはかなり珍しいです。

Twitter, Instagram, FacebookなどのSNSでは運営から収益をもらえることはなく、SNSアフィリエイトなどをする手段としてSNSが使われていました。この場合、収益は運営からではなく広告主などから発生します。基本的にSNSは自分のブログや商品を拡散する目的で使われていました。

ですがCTimeでは一ヶ月のダウンロード数に応じて金券が運営からもらえるというものなので、ほかのSNSの収益化とはまた違ったものになっています。この場合は、商品を拡散するのではなく、CTime自体を広めることによって収益額もあがるというシステムですね。

CTime運営の他のSNSと差別化をはかるという

難易度について

結論から言うとCTimeでの収益化は明らかに他のSNSからして簡単です

というのも他のSNSでは収益化するとなるとアフェリエイトもしくはブログや自分の商品への導入などしかなく、これらは比較的に難しく、初心者が実際に収益を上げるのはかなり時間がかかります。

一方CTimeでの収益化ですることと言えば公式インフルエンサーになりCTimeを拡散することぐらいだと思います。友達に紹介するもよし、他のSNSで拡散するもよし。そして、月200ダウンロードまでいくと金券1万円という圧倒的コスパがよく時間もさほどかかりません。

  • Twitterアフェリエイト、広告、ブログへの流入
  • Instagram企業案件
  • ブログ広告収入、アフェリエイト
  • YouTube広告収入、投げ銭

これらはSNSやその他の収益化方法の例ですが、これらから見てもCTimeの収益化の難易度は低いと思います。


今回の収益化のシステムは運営とユーザーの両方にメリットがあると思います。

運営はCTimeを拡散できる、ユーザーはそれに応じて収益がもらえる、このようにwin-winなシステムとなっています。

他のSNSで伸び悩んでいるそこのあなた、ぜひCTimeに参入して公式インフルエンサーになり収益をゲットしてみてください!

CTime
スポンサーリンク
シェアする
pronekoをフォローする
プロ猫のマレーシア生活

コメント