マレーシアのトイレに気を付けて!注意点と日本との違い

マレーシア

トイレといえば日常で欠かせないものであり、一日に行く頻度が多い場所でもあります。

もちろんそれは留学中や旅行中も同じで、トイレに行くことは少なくないと思います。

しかし、日本と海外のトイレにはかなり違いがあり、知らずに行くと取り返しのつかないことになってします。

ということで今回は僕が今住んでいるマレーシアのトイレの注意点について解説していきます。

スポンサーリンク

実は凄かった日本のトイレ!

マレーシアのトイレを知る前に、まずは日本のトイレについておさらいしましょう。

普段日本で何気に使っているトイレですが、実は日本のトイレ技術は世界的に見てもトップレベルなんです!

特に多くの日本に来た外国人がウォシュレットの機能に感動するそうです。僕が住むマレーシアのトイレにもウォシュレットの機能が無く、日本に旅行したことある友達に聞いても日本のトイレのは驚いたそうです。

他にも日本のトイレには、 自動で開閉する便座、擬音機 、便座の保温機能、常に補充されているトイレットペーパー、清潔さなどの優れた点がたくさんあり、これらから見れるように日本のトイレ技術は世界トップレベルと言えるでしょう。

僕も日本に帰ってきて、一番日本を感じる場所はトイレです。

トイレットペーパーがない!?

マレーシアの個室トイレにはトイレットペーパーが置いてない所が多いです。ショッピングセンターなどの大きな所には比較的あるのですが、それ以外の場所では大抵無いので出かけるときは必ずポケットティッシュを持ち歩くなどの対策を取りましょう。

プロ猫

忘れたら地獄だ…

ウォシュレットの代わりにシャワー!?

先ほど述べた通り、マレーシアのトイレにはウォシュレットの機能がありません。ではどうやってお尻を洗うのか…?

答えはこちら、このシャワーを使ってお尻を洗います。

大抵どこのトイレにも便器の横にシャワーが付いていて、それを使いお尻を洗います。

正直に言うと完全にウォシュレットの下位互換です。勝手にノズルが出てきて洗ってくれるウォシュレットと違い、自分で標準を合わせないといけないのでミスってしまうとズボンや服がびしょぬれになってしまいます。

また必然的に床や便器がびしょぬれになるので、用を足すときは気を付けてください。

トイレとお風呂が一緒

これは海外では割と普通なことで、このように普通のお家ではシャワーとトイレが一緒になっています。

日本ではあまり馴染みが無いので、何も考えずに長時間シャワーを浴び続けたり、トイレにこもったりすると、ほかの人がシャワーやトイレを使えないなんてことになるので気を付けてください!

マレーシア
スポンサーリンク
シェアする
pronekoをフォローする
プロ猫のマレーシア生活

コメント