ものもらいになったらどうすればいい?原因と対処法について

未分類

朝起きると目の周りに激痛、鏡を見ればぷっくり腫れている、なんてことありますよね。

これはものもらいというもので、急性の化膿性炎症のことで あり地域によってはめばちことも呼ばれています。

ものもらいになると目を全開することができなくなったり、痒くなったりすることもあるので物事に集中できなくなってしまいます。

実は僕もこの記事を書いている途中、絶賛ものもらい中でした。

プロ猫

本当に痛い!

今回はそんなものもらいがなぜ起こるのか、そしてなってしまった場合どうすれば良いのかを解説していきます

スポンサーリンク

原因

ものもらいとは、まぶたにある脂や汗を出す腺に細菌が感染して起こる急性の化膿性炎症のことです。

ものもらい – 目の病気百科|参天製薬

こちらの通りまぶたに細菌が感染することが原因です。

目の抵抗力が低い時に、目をこすったりしてしまうと感染することがあります。

また、この最近は皮膚や手指だけでなく髪にも付着しており、前髪が長く目にかかってしまう人は感染率が高い傾向にあります。

対策としては、汚れた手で目を触らない、散髪をするなどがありますが、できれば目は手であまり触らないほうが良いです。

また、コンタクトレンズをしている方などもものもらいになりやすいので、コンタクトレンズを外した後は目を洗うなどして目を清潔に保ってください。

予防・対処法

基本的にものもらいはしこりが残るタイプでない限り1週間ほどで治りますが念には念を入れて対処をしっかり施しておきましょう。

また、これらを常日頃からしておくことで予防にもなります。

眼科へ行く

ものもらいができたらとりあえず眼下にしっかり診断をしてもらいましょう。

処方された点眼薬を毎日欠かさずに打ち続けてください。

ものもらいには2種類あり通常のものは麦粒腫とよばれるものですが、霰粒腫の場合最悪病院で切開する必要があるので自力で治そうとせずにまずは病院に行ってください。

蒸しタオル

蒸しタオルを目の上に2~3分温めることでまぶたの分泌物の排泄や吸収を促すことができます。

寝る前や入浴時などにするとより効果的です。

目を酷使しすぎない

長時間ゲームをしたりスマホやパソコンを使うのは出来るだけ控えましょう。

完治を遅らせてしまうことがあります。

充分な睡眠

ものもらいになっている最中は夜更かしをせずにいつもより早めに寝ましょう。

寝不足はものもらいにとって天敵です。


基本的にものもらいは目が疲れているときに起こりやすいです。社会人や学生の方たちはスマホやパソコンをよく使い、目が疲れやすいので気を付けてください。

もしものもらいになってしまったらぜひこの記事を参考にしてください。

未分類
スポンサーリンク
シェアする
pronekoをフォローする
プロ猫のマレーシア生活

コメント